バックミュージック パン屋のゴミ

◎ エッセイ

 

○ パン屋 06/26/2017

バックミュージック

パン屋の作業場では、音楽は何か聞いているの?
友達にたまに聞かれることがあります。
職人が多数いるところは何もないことが多い。忙しくて聞く耳はありません。
それでも、ラジオだけはあるところはありますね。たまにかけているようです。

個人店は、なにかしらあることが多い。CDラジカセやテレビなどです。
ひとりで仕事をしていると、やっぱり寂しいじゃないですか。
ラジオやテレビで音を流したり、CDを聞いたり。
じっと聞いているわけでなく、バックミュージックという感じです。
不謹慎かと思われるかもしれませんが、ニュースや雑学が気軽にわかり、
それが貴重な情報となるときもあります。気分転換にも良いです。

わたしはCDラジカセ派で、よくラジオを聞いています。
業社の人も運転中に聞いていることがあって、好きな番組は好みで幅があります。
それで話すきっかけとなり、性格がわかったりして。

テレビ派の人もいます。
テレビが好きで、画面を見なくても音を聞いてだけでもいいんですね。
スポーツや競馬が好きな人は中継をときどき観たり。

パン屋の職場で、困った問題はラジオやテレビ、FAXなど家庭電化は壊れやすい。
空気中の小麦粉が機械の隙間から入り付着して固まり故障の原因となります。
防ぐには、日頃から透明のビニールをかぶせておくしかない。
操作が不便になるので、使いづらいくなっています。

個人的にCDを聞くときは、BABYMETAL(ベビーメタル)が多い。
すごく良いので、ノリノリで聞いています。

 

○ パン屋 06/26/2017

パン屋のゴミ

 

パン屋ではあるものが盗まれます。
それは、「ゴミ」です。
回収車が来る前に、店の前に置いていたはずのゴミ袋がまるごと無くなっているんです。
なぜかって? 盗む人が前日のパンが入っているのがわかっているからでしょう。

当店でも実際、ありまして、
役所から電話があって、ゴミを違法な場所に放置してもらったら困ると。
何のことかと見に行くと、ゴミ袋の中身が取り出され散乱してあるではないですか。
役所の人は、中身を見て、うちと特定したわけですが、
捨てたはずの昨日の売れ残りのパンだけは無くなっていました。困ったことです。

うちだけではなく、地域によっては、こういうパン屋は他にもあるようです。
対策として、ゴミ回収者が来る直前にゴミを捨てるなどあります。

もったない話ですが、昨日のパンは捨てています。
傷みやすいサンドウィッチやクーリム類などは使いようがありません。
すぐに悪くなるものでないので、身内で食べますが、
毎日のことで量が多いとなると、とても追いつきません。

毎日、売り切れになれば、良いのですが、
閉店間際のお客さんが買いに来られたときに
あまりにもパンが少ないと寂しいと思われるのが気になってしまったり、
売れると予想しても、売れない日もあります。(予測は本当に難しい)

パンを捨てるときは、虚しいものでたまらないものがあります。
それがすごく辛いんです。
なんとかしてパンが売れるように発奮することになります。

 

 

 

コメント